コロナから学んだこと

Facebookって、時々○年前の思い出とかって、その時の記事をアップしてきたりしません?
今朝起きたら、この時の記事がアップされてました。

昨年のシルバーウィーク、さいたま新都心で初めて開催された「ホロホロピクニック」



ちょっと風が強かったけど、すごく気持ちよかったのを覚えています。
あれから、、、ちょうど1年なんですね。
1年前は、イベントがあるのが当たり前だと思っていた。
次から次へとイベント出演の依頼が来て、日にちが重なってお断りすることもあった。
特に秋は忙しくて、毎週のようにどこかで踊っていたっけ、、、
一つのイベントが終わると、余韻に浸る間も無く次のイベントに向けて練習を始めて、、
イベントに追われているうちに、あっという間に1年が終わった。
ステージに立てるのが、当たり前だと思っていた日々。
忙し過ぎて、いやになることもあった。

だけど今は、、、
ステージに立ちたくてもイベントがない。
披露したくても、発表の場がない。
そんな事態になるなんて、夢にも思わなかった。
人は、無くしてみてはじめて、その大切さに気づくってよく言うけど、、、
まさにそんな感じです。

コロナが教えてくれたこと
それは、この世の全ては、あたりまえではなく
いつでも一瞬で奪い去られるものだ、ということ。
だから、いつも、いろんなことに感謝しなければならないのです。
ステージに立つ喜びをコロナに奪われた私たちは、きっとこれからは、感謝の気持ちを持って、イベントに臨めるはず。

でもね、人ってすぐ慣れてしまうから
またそれを当たり前だと思ってしまう。
そうならないように、時々は思い出そう、この2020年を。
次から次へとイベントがあった頃には忘れていた。
イベントまでの日にちを数えて、ドキドキワクワクしながら練習する、そんな気持ち。

イベントが近くなり、何人もの生徒さんが自撮りした動画を送ってくれています。
熱心な生徒さんが多くて嬉しい😆
順番に添削して、修正の動画送りますので待っていてくださいね❣️
動画添削は、細かいところまで指摘してもらえると、好評です(^^)
ん?と思ったら、巻き戻して、コマ送りして見れるからね!
こんなによく修正するところがわかるとは思わなかったわー
まだの方、是非お試しくださいね(^^)

今日はネットである記事を見つけて、、、
ホイケでそれをやりたいと言い出した私。
「いまからでは無理」とアラカイさんたちにあっさり却下されるかと思いきや、しぶしぶ?承諾してくれたのです。
いつも私の気まぐれ、、もとい、ひらめきにつきあってくれるアラカイさんたちに感謝してます。(ほんとーに、笑)
何をやるかは、当日のお楽しみ❣️

ホイケまであと2日‼️
大事なことを忘れていないか、心配です(^◇^;)

関連記事

  1. フラシス先生のホイケ!!

  2. 今年のさくらまつり

  3. 感動のDVD撮影会

  4. DVD撮影会、ステージ写真その1

  5. 生涯現役を目指して

  6. シニアクラスの新年会

PAGE TOP